専門の医院やクリニックに行くと、まずはカウンセリングを受けることになります。 包茎手術の場合、多くの医院では幾つかの症例写真を交えながらの詳しい説明を聞くことが出来ます。 疑問や不安がある時は恥ずかしがらずに全て相談してみましょう。 専門医[…]

包茎手術の流れについてご説明しましょう。 まずは、病院や専門のクリニックで納得のいくまで説明やカウンセリングを受ける事になります。 大切な事ですので、疑問があれば全て質問をします。 必要であれば前日までに不安点や疑問点をメモ等に書き留めてお[…]

包茎矯正器具とは、余分な包皮を剥いて亀頭の露出した状態に固定すると言うものです。 こうして癖を付ける事によって次第に包皮が剥けた状態で固まり、最終的には矯正器具を外しても亀頭の露出が保たれると言う原理です。 これらは仮性包茎用の矯正器具です[…]

必ず包茎手術を受けなければいけない人もいますが、カウンセリングの結果受けなくて済む人も沢山います。 ですから、まず自分が本当に包茎手術を受けなくてはならない状態なのか、という見極めをきちんと行いましょう。 包茎手術も「手術」です。麻酔を打ち[…]

手術が必要な状態もありますが、包茎は手術をしなければ治療出来ないというものではありません。 ここでは非切開系治療についてお話しをしましょう。 まずは自分で包皮を剥いて亀頭を露出する練習をする方法です。 これは自主的に行うものですのでお金もか[…]

包茎手術の切開系治療には環状切開術と背面切開術があります。 環状切開術は、包茎手術の中でも一般的とされ、亀頭を露出できるように余った包皮を切除してしまうという方法です。 手術の手順としては、亀頭を露出させて環状溝から5mm程距離を置き、包皮[…]

一般的な包茎手術には、環状切開術と背面切開術の2種類があります。 環状切開術は、背面切開術に比べ少々難しい手術となりますが、仕上がりは綺麗です。 対して、背面切開術は小児によく施される手術ですが、見た目は余り良くないとされています。 手術の[…]

包茎の治療には、包茎手術、包茎矯正、自分で練習をする等があります。 一番お金の掛からない方法は、もちろん、自分で包皮を剥く練習をする事ですが、これには毎日続ける事と絶対に無理をしない事が前提になります。 無理をしてカントン包茎になって、結果[…]

包茎は人に言いにくい為、相談も出来ず一人で悩みを抱え続けている人が沢山います。 病気になってしまえば、女性に感染させてしまう恐れもあるので大切なパートナーにもなかなか打ち明け難いのが現状です。 また、性交渉にあたっては本人が快感を得難かった[…]

包茎それ自体は病気ではありませんが、包茎が原因となったり、なり易いとされる病気が幾つかあります。 尿道口から細菌が入ってしまい、感染・炎症を起こす尿路感染症は、垢や汚れの溜まりやすい包茎にとって、かかり易い病気の一つといわれています。 この[…]