カントン包茎とは、包皮口が狭くなっているにも関わらず無理やりに包皮をずらした結果、反転してしまった包皮が溝の部分を締め付けて戻らなくなってしまった状態を言います。

この状態は非常に危険とされており、そのまま放置をしておくと亀頭に血液がどんどん貯まって更に戻りにくくなってしまう場合もあります。

この状態に陥ってしまった場合は、指で強めに摘まんで血液を逃がしてしまうことが良いといわれています。

カントン包茎の場合も、真性包茎と同じく治療には絶対に手術が必要だと思われがちですが、カントン包茎も自分で練習を重ねることによって仮性包茎にできる場合もある事を覚えておいて下さい。

ただし、自分で皮をずらし亀頭を露出する際には細心の注意を払い、必ず無理はしないように注意して下さい。

また、何処かに異常を感じたり不安に思う事があれば、すぐに医師に相談をしましょう。

カントン包茎の状態でも今すぐ不都合を感じる事はありませんが、包皮が戻らなくなってしまった状態は壊死を招くなど危険です。早めの対処をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です