包茎それ自体は病気ではありませんが、包茎が原因となったり、なり易いとされる病気が幾つかあります。

尿道口から細菌が入ってしまい、感染・炎症を起こす尿路感染症は、垢や汚れの溜まりやすい包茎にとって、かかり易い病気の一つといわれています。

この尿路感染症の中には細菌感染を原因とする膀胱炎や腎盂腎炎といった病気も含まれます。

亀頭包皮炎もは亀頭から包皮にかけて感染・炎症をする病気で、小児や包茎に多くみられる症状です。

これらは亀頭、包皮共に赤く腫れ上がって炎症・発熱をし排尿時に苦痛を伴います。

その他、陰茎ガン、閉塞性乾燥性亀頭炎や亀頭包皮炎、ケーラー紅色肥厚症など様々な病気が挙げられますが、陰茎ガンなどは医学的にも因果関係がはっきりしておらず、包茎だからと言って必ずこれらの病気に怯えなければならないと言うことではありません。

不安に思うところがあれば、迷わず医師に相談し、納得のいくまでカウンセリングを受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です