包茎になってしまう原因は、包茎の種類によって様々です。

真性包茎は身体の成長と共に自然に無くなるものです。

しかし、ある程度の年齢になっても包皮と亀頭の癒着がはがれない場合は治療する必要がある場合もあります。

仮性包茎の場合は包皮が被ったままの状態での自慰が原因と言われていますが、先天的に包皮が長い人もこれに含まれます。

カントン包茎の場合ですが、これは生まれつきに包皮の開口部が狭い為に引き起こされます。

この状態で無理やりに亀頭を露出しようとすると溝部分を締め付けてしまい、裂傷や壊死の原因にもなります。

また、他に考えられる要因としては肥満が考えられます。

下腹部に脂肪が溜まってくると、その分余ってしまった皮が下がってしまい、包茎の原因となってしまう場合もあるのです。

ですが、これら全てに共通して言える事は、遺伝というよりも後天的な要因が大きいといわれている事です。

中には生活を見直すだけで避けられる包茎もあるということを覚えておいて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です