必ず包茎手術を受けなければいけない人もいますが、カウンセリングの結果受けなくて済む人も沢山います。

ですから、まず自分が本当に包茎手術を受けなくてはならない状態なのか、という見極めをきちんと行いましょう。

包茎手術も「手術」です。麻酔を打ち、メスを入れるからにはそれなりのリスクを伴うのです。

現に先端の包皮には神経終末が多く集まっている事が発見されています。

包茎手術ではこの包皮の先端部分を切開する事が多い為、感覚が鈍くなるとも言われているのです。

また、術後によくあるトラブルでは通常時と勃起時の差から、包皮を切除し過ぎて勃起時に突っ張ってしまい苦痛を伴うと言ったものも多いです。

ですから、外見の為だけに包茎手術を望むのならそれなりのリスクも考えておいた方が良いでしょう。

それでも精神的に不安や悩みを抱えていたり、病気になり易い包茎の人は手術後にも気持ちよく生活が送れるように、専門医に納得のいくまで相談をして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です