包茎手術は必ずしも必要と言うわけではありません。

真性包茎は自分で包皮をずらし、剥く練習をすることで治ってしまう場合があります。

大事なのは、毎日トレーニングをする事と無理をしない事です。

無理を強いてしまうと、出血してしまいそこから重大な病気に繋がってしまう恐れもあります。心配な方は医師に相談するのが良いでしょう。

また、大人になっても真性包茎が治らない場合は手術をする必要がある場合もあります。

仮性包茎の場合は、包皮をずらして亀頭を清潔に保つことが出来ますが、カントン包茎は自然になってしまう包茎とは違います。

カントン包茎とは本人が無理をして包皮を剥いた結果、亀頭の溝部分を締め付けてしまっている状態ですので、このまま放置をしていると序所に元に戻らなくなり血液の循環を滞らせて亀頭を壊死させてしまう可能性もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です