一般的な包茎手術には、環状切開術と背面切開術の2種類があります。

環状切開術は、背面切開術に比べ少々難しい手術となりますが、仕上がりは綺麗です。

対して、背面切開術は小児によく施される手術ですが、見た目は余り良くないとされています。

手術の簡単な流れですが、手術前日から飲食は不可になります。

術中に気分が悪くなり嘔吐した場合の事故を防ぐ為ですので医師の指示はしっかりと守りましょう。

手術当日は、朝からの飲食が不可になります。

包茎手術に要する時間は約30分から40分だと言われていますが、場合によっては1時間から 2時間かかる事もあります。

その後、出血や異常がないか等の様子を見る為に1時間程度安静にして家に帰ることが可能です。

包茎手術当日の帰宅後は安静に過ごして下さい。

化膿止めの薬も処方されますので、忘れずきちんと飲みましょう。

術後、不安に思うところがあれば遠慮せず医院に連絡を取って下さい。

手術以降は1週間程度通院を続けて終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です