真性包茎は、被っている包皮をずらしても亀頭が露出しない状態を言います。

包皮が亀頭に癒着している場合もあり、これを無理やりずらそうとすると亀裂が入って出血してしまう恐れもあります。

何より、この状態のまま放置しておくと亀頭の周りを洗えず清潔に保てないので病気になってしまったり、性行為に支障が出てしまう場合もあります。

多くの人は真性包茎と聞けば、すぐに手術を思い浮かべるかもしれません。

しかし、真性包茎は自分自身で練習をする事によって仮性包茎にする事も可能です。

この場合、毎日少しづつ無理をせずに自分で剥いていくトレーニングを続けていくことが大事になります。

ですがトレーニング中に万が一、痛みを生じたり出血してしまった場合にはすぐに医師に相談をしましょう。

年齢的な問題や、どうしても無理な場合には、やはり包茎手術をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です