手術が必要な状態もありますが、包茎は手術をしなければ治療出来ないというものではありません。

ここでは非切開系治療についてお話しをしましょう。

まずは自分で包皮を剥いて亀頭を露出する練習をする方法です。

これは自主的に行うものですのでお金もかかりませんし医院に赴く必要もありません。

真性包茎の人でもこのトレーニングを重ねることによって仮性包茎にする事ができる場合もあります。

ですが、この方法はすぐに効果が現れるというものではありません。

毎日無理をせずに続けていく事がとても重要なのです。

そして、もし練習中に痛みや違和感を感じたらすぐに専門の医師に相談をして下さい。

また、包茎矯正器具を試してみるのも良いでしょう。

その際には安全性を十分に確かめるようにして下さい。

こちらの方法もトレーニングと同じくすぐに効果が現れるものではありませんが、器具代だけで包茎を治療できるという利点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です